安比高原を応援する 安比だす!appidas!
 
撮影:2007/06/09 by oobuke

「チャグチャグ馬コまつり」に初めて参加した管理人です。
この祭りは滝沢村→盛岡八幡宮までの15キロを馬100頭が行列します。
地味なお祭り(鳴り物は馬を驚かすので不可)ですが、
明治の後半から現在まで続いている歴史ある行事。

馬主は、手間隙おしまずに愛馬を磨きこみ、飾り付けの鈴をピカピカにして。。。
沿道の見物客は、馬装束と馬上のちびっこに声援を送って。。。

田んぼのあぜ道を一生懸命に子供たちが走っていき、背景には堂々たる岩手山。

大げさな感動はありません。でも「岩手だなー」と染みるお祭りです。

2007/06/09 am7:00
ハッピ姿がすてきな地元大学生
ここは蒼前神社(そうぜん)。
 神輿が繰り出す!
馬さんが順番にお参りします。
 でかいです。「馬の後ろにまわってはいけません」
御神体?薄暗い時間帯では不気味にみえそう。
お参りする正装した馬。 境内は祭り色。奥の屋台に
「キティちゃん絵柄の金魚スクイ」発見!
馬体はビカビカ光ってます。
注意:足元もみないと糞を踏むかも」
さー出発だ。沿道には観客多数。
特にこの畦道はバックに岩手山がはいるアングル
人気が非常に高い場所です。
繁華街手前の県道。鈴鳴りの人。
「チャグチャグ馬コ」平成元年〜平成18年天候は【晴の日15日間】【曇の日3日間】【雨の日0日】
 そーなんです、雨にあたらないお祭りなです。ちなみに平成13年から6/第土曜日に固定。
 以前は6/15と日にちで固定していました。
盛岡駅近くの材木町 盛岡駅
岩手県は種市から、なんと80歳のおじーさん
不安「参加者は高齢化してきてるなぁ」
この馬は8歳くらいだそーだ。
大通りを練り歩く。
正面は盛岡市役所。 こちらは終点の八幡宮。
高校時代管理人は弓道の試合で度々きた。
安比高原と馬・・
 安比高原の中の牧場は軍用馬を産出した場所であった。ここ南部は丈夫で強い馬の産出地として
室町以降かなり人気が高かったらしい。

 名馬をキーワードに 歴史を整理すると

 ●坂上田村磨 VS アテルイ(一説には旧松尾村生まれ)・・南部駒を用いた最強騎馬軍団誕生!

 ●源頼家・源義家 VS 安倍貞任・藤原経清・・あまりにも永すぎた戦い。負けない戦が子供らに
                              なにを残す事ができるのか?やがて蝦夷の裏切りが!
                              貞任は厨川の関から経清をおって外にでた。

 ●源義家 VS 藤原清衡(経清の子)・・「経清殿は誠の武者、マゲと拙者が預かっておりました。」
                          義家もまた南部に武者の道を探しに戻ってきたのか?
ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke



ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店