安比高原を応援する 安比だす!appidas!
 
2007/09/03 by oobuke

今日のテーマは、安比の過去を振り返る。

古い画像を思いっきりあつめました。
安比高原の遠い昔を懐かしみましょう。


スキー場開発前の「安比高原」※現在のしらかばゲレンデとなる。もとは牛の放牧地であった。
昭和57年12月16日グランドオープン!当時の看板 幻のオフィシャルマーク。モチーフは「やまね」である。
1シーズン限りで翌年から現在にマークと変更。
今は存在しない「丸太レストハウス」
場所は現在のセントラルクワッド降り場付近。
=>丸太を間違って使用して一部の壁が角材であった
オープン当時にスキーセンター(プレハブ)をしらかばゲレンデから
望む。※きれいなお花畑もあったのだが。。

(笑)私のウェア=黒大好き。
もっと古い平成元年購入ウェアも使っておりますが(笑)
/こんにちは。管理人です。

安比勤務当時は、リフト券窓口担当でした。
このリフト券の左上に注目!「金具付き」
昔はここに輪ゴムを通して腕につけておりました。
納品は1箱で1000枚なので完売すると250万円分の売上げダ。
現在の安比高原駅。ヒュッテと呼んでいた待合室。 グランドオープン時のゲレンデマップ。
工事中の貴重な写真。奥には安比高原ゴルフクラブがみえる。
右写真は、前森山プロジェクト事務所まで撮影した開発エリアマップをもつTTさん。
私の安比から。。。
「あそこにスキー場があったらいいね」
「泣き・笑い・チョンボもしたけど体当たりでがんばったよ」
「苗場を見た時、これより大きなスキー場を!と思ったね」

「安比を造ったのはみんなの努力です」
「素人の発想がかなりあったねー」
「新しい東北の文化としてリゾート。平泉以来の中央への影響かも」etc etc etc

・・・・親友のことを考えながら”Thanks APPI'S 10th"(非売品記念誌)を眺めております。
・・・・もう15年以上前の記念誌・・・・

懐かしいなぁ・・・ 
まだまだこれからさぁ、頑張るのは。 
2007/9/3 
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke



ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店