安比高原を応援する 安比だす!appidas!
 
    ■今年はいい感じで冬に向かっている感じ。
    どーしてか?
    1週間ごとに、上空に寒波がきているからです。(勝手な経験論ですが)
    次回、11月3日頃までに根雪となるまとまった降雪が岩手山にほしいですね。

撮影:10/21 場所;松川渓谷
(下倉スキー場入口の橋)。
角度を変えて撮影。正面奥の山は「前森山」裏側
同じく松川渓谷の上流。
夏もいいんですよ。
散策路、もしここ木も紅葉樹なら最高ですが。
ブナ等の山の木が多き場所。
安比に移動、安比ゴンドラ乗車中。
徐々に紅葉に変わる。
両サイドの木の枝に手が届くかも。
この地上高の低さが安比ゴンドラの一番の風対策
こちらは↓安比高原中の牧場からみた
前森山と西森山(撮影10/14)
参考↓前森山と西森山(撮影10/6)1週間前
じゃーん!雪。雨のためにシャーベット状態。
久しぶりだね〜。
ややゲレンデを下がって撮影。
雪だるまを造る。
「手が、スミだ」と一人呟く。
温度計は+2度。
補足:手がスミだ=手が凍えたの意味である=
山頂までの遊歩道の”ユキ”を踏みしめた。
積雪多いところで5センチ。
天気がよければ岩手山の荒々しい姿がみえる
西森山もうっすらと雪。ワクワクですねー。 第4リフト、搬器取り付け終了。
下り線乗車中。ハヤブサコースの雪↓ 山麓到着。ここは第1A線。取り付け終了。

索道マンに準備進行状況を聞いてみました。
 搬器取り付けは終了で、加重試験をあと、ザイラーQ・ビスタQ・ザイラー第2を残しているとのこと。
 クワッドは搬器1器に灯油缶を12個搭載しなければならいのですご〜く辛い仕事です。
 【説明】荷重試験とは、ブレーキ検査等を行うためにリフト満車状態をつくりだすこと。
      ザイラークワッドの場合は、搬器に240キロ相当の加重を積む=灯油缶20キロ×12コ。    
 
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke



ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店