安比高原を応援する 安比だす!appidas!

ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店
本文へジャンプ

第9話安比高原スキー場の集客は・・・・



営業開始から右肩上がりで業績が伸びて、知名度も格段に上昇!
うれしいことに、「一度は、訪れたいスキー場」(スキー雑誌等のアンケート)の上位にランクインされる。

安比高原56年当時昭和56年オープン時のゲレンデ

さて集客である。

私が行った方法を紹介したい。
「東京の大学生 延べ2万人を集客」

狙いは東京の大学生であった。彼らは、サークル活動の一環でのスポーツ合宿を夏・冬と行うことが恒例行事。
 その集客活動である。

ポイントを整理すると
価格が安い・・・新潟や北海道・福島と比べては到底勝ち目はないが、新幹線と貸切夜行バスの料金比較を行う。
この場合、40人貸し切りバスであれば、10人程度のサークルを4サークル、日程調整を行う。

あえて遠くまで・・・日帰りできるスキー場は社会人になってからいけばいいじゃないか?
安比だと最低2泊したいし、この仲間たちでいけるのは学生の時期だけだよ。<・・・このトークですすめる

民宿オーナーと同行営業・・・学生キャンペーンは8月と11月に開催。このときは民宿親父を4人(予約台帳持参)と一緒です。宿泊は平日の3連泊が基準となり、連泊することで「格安&食事ボリュームたっぷり!」を実現。
スキー場リフト券も例えば4日で7500円とサプライズ料金。
※8月キャンペーン時の申し込みと11月では当然優遇料金が違います。

まず、部屋がとれるか?コンパ会場は確保できるか?民宿の送迎バスには乗り切れるか?レンタルスキーはなどなど、その場で、学生と民宿親父のコミニケーションが始まります。
私は安比から「安比高原のアイスクリーム」を宅配便で述べ200個送ってもらい学生にご馳走。

このキャンペーンは、「お互いの顔が見える」と大変好評でした。民宿はもとより、私はスキー期間中、スキー場本部に配属になりますので・・・

キャンペーン期間には学生の要望で、貸切ポールバーンも手配します。ここで一言添えるわけです。
「ポールバーン借りるときは、まずパトロールに挨拶にいきなよ」と。お互い気持ちよくすごしたいから。


ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke



ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店