安比高原を応援する 安比だす!appidas!

ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店
本文へジャンプ

第10話 安比の知名度をぐんぐん上げた方法

営業開始早々、安比は雪質が抜群にいい。ゲレンデ整備もよくされている。
とスキー場の肝となる評価は高かった。


当時は寒すぎるとか風が強すぎるといったクレームはさほどなかったのだが。



「来てもらえば、安比の良さをわかってもらえる」
 これが口コミ効果で広がって一番の宣伝となる。

しかし安比高原は新設スキー場。もっと知ってもらうため、スキー雑誌への広告出稿と合わせてプロモーションも開始。

 昭和60年前半は、安比ではゲレンデ拡張・リフト新設がBIGな規模で毎年行われ話題性も抜群!
そこをうまく利用して、スキー雑誌の編集者などを=安比高原に招待して取材をしてもらった。
サンクスギビングツアーという恒例の行事として定着。

 夏に発行されるスキー雑誌0号に写真入りの記事が何ページにわたり取り上げられる要因になったはずです。



年度 入場者数 出来事(スキー場に関係すること)
昭和56年 12万人 12/15オープンリフト4基・シュレップ2基
57年 26万人 現在の四季マーク導入リフト5基新設
58年 34万人 SAJ公認スクール誕生リフト1基新設
59年 44万人 西森山ゲレンデ開発リフト4基新設
60年 52万人 ナイター新設リフト2基新設
61年 67万人 ザイラーゲレンデ新設安比クワッド新設(現ザイラークワッド)
62年 85万人 ゴンドラリフト新設安比ゴンドラ8
63年 107万人 ビスタクワッド新設(^^♪入場者100万超え
平成元年 113万人 シフト新設なし
2年 131万人 ザイラー第一ペアリフト新設
3年 150万人
4年 145万人
5年 140万人
6年 125万人
7年 117万人
8年 111万人
9年 100万人
10年 100万人
11年 100万人
12年 91万人
13年 84万人
14年 73万人
15年 65万人
16年 62万人
17年 58万人
18年 51万人



JRとの関係
JR内部では、東北新幹線の売上を伸ばしたい。距離が遠いほど収入が増える。
=つまり、冬は岩手:盛岡までのスキーパックをつくろう=となるわけです。
=この頃は県内では安比高原が一番となっています(岩手県内スキー場利用者の半分以上は安比で集客)

JRも気合がはいります。当然ポスターも貼ってくれる。
あるスキー場の方「東京・上野駅にいって驚いた!東北のスキー場のポスターは安比だけだ」
JR山手線の中刷り広告「初すべり!安比スキー&ボードツアー」

ここでも中吊り広告では広告費はかかりません、それはJRの商品を販売するためだからです。
すごい広告波及効果となりました。


ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke



ベッド通販:NESTデザイン
出雲市寝具店:糸賀ふとん店