安比高原を応援する 安比だす!appidas! 本文へジャンプ

第25話 安比ペンションに泊まってみよう。



旅行先で、「友達や知人ができる」ととても楽しいものです。
ずばり!ペンションを、薦めたい点がこれです。

アップルツリー
アップルツリーです、壁には奥さんの趣味の作品が展示

私が知っているペンションとお客さんは・・・
 舞台は「ペンション・アップルツリー」
※オーナーは坂田さん。安比のペンションでは初年度に開業した老舗
※こじんまりとした、建物です。
※HP是非ごらんになって!オーナーご夫婦の写真が大きく掲載されています
↑↑ これはかなり珍しいですよ ↑↑

 お客さんは「宮城県」のとある役場職員。
 彼の趣味は「オートバイのトライアル」です。(興味のある方は出光イーハトーブトライアルで検索)
 東北大会をはじめ、いい成績をバリバリのこしていた選手です。
 一方でホンダのモンキー(50CCバイク)をレストアしようと10数台所有していた時期もあった。
 ==ねっからのバイクきちがいですね==

 この出光イーハトーブトライアルが、ある夏からこの安比高原でも開催されることになる。
 その際の宿泊先がアップルツリー。

 この大会には多方面からボランティアが集まってきます。女性ももちろん
 そしてめぐり合い
 ・・・結婚
 ・・・今は子供も生まれた幸せ一杯。

 いまでもこの夫妻は、毎年必ず安比高原のアップルツリーに宿泊にきます。
 時期は夏です。

 お腹にこどもがいた年も、
 生まれて間もない時期も、

 アップルツリーに泊まりにきます。
 
 そうまさに、田舎の爺ちゃん・婆ちゃんの家の遊びに来る感覚です。
 アップルの奥さんも、孫がきたと喜んでいるし。。。

ペンションオーナーと話をすると
昔はね〜。お客が沢山きてもう大変だったよ。
今はね〜。お客が減って大変だよ。 こんな話が多いのですが

嬉しい話もしてくれます。
「あの頃(バブル期)学生だったお客さんが、近頃また泊まりに着てくれるよ。
結婚して子供を連れて・・・・ここに母さんとスキーにきてとまったのさ。と子供に教えて。」

だからペンションはやめられないよ。だって孫が何十人と遊びに来てくれるし・・・


 皆さんは、常連さんにならないと覚えてくれないよ。とか思うかも・・・
そんなことはありません。
 驚くぐらいに、宿泊したお客さんのことはオーナーは覚えています。
 どのペンションでも奥さんが覚えていますね〜。

コツは、予約時にきちんと自分の計画や不安要素を伝えましょう。特に食事のことは。
 今はメールが活発なのでオーナーも自分に時間で処理してくれますので。
 当日は、予定時間に大幅な変更がある場合はきちんと連絡しましょう。
 宿泊施設名もメモしたり、覚えてください。
 意外と覚えていない方おおいです。(覚えににくい名前もありますが)・・なんか困ったとき大変ですよ。

 当日は、気持ち程度のお土産でもあれば最高ですよ。紙に「お世話になります」なんてメッセージ書いて。

これで、あなたもペンションの常連仲間入り間違いなし!!

 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke