安比高原を応援する 安比だす!appidas! 本文へジャンプ

第28話 安比高原の壮大な計画


圧倒的なスケールとその雪質を武器に躍進した安比高原。

今では、考えられないことであるが、計画を聞いたことがある。

■セカンドゴンドラ
 その名のとおりに「セカンド」にゴンドラ建設である。
 セカンドゲレンデも段階的に南側方面にコースを増設する計画であり、
 その際は大型リフトでまず山頂へ・・・
 高速リフト群で楽しんでもらおう!という計画。

セカンドまきばゲレンデセカンドゲレンデ下部。ここもゴンドラ基地?

 なぜ一度に開発しないのか・・・
 これは「固有林」という国の財産がために数年後とに開発計画の見直し&追加の許可を得なければならず
 どうしても段階的に行う必要があった。

メモ>>日本最長のクワッド「ビスタクワッド」
 その輸送能力はスペックダウンして運転を行っている。
 これは日本国内の法律「1時間あたり2400人輸送」に縛られているからである。
 外国では、ビスタクワッド同等のリフトが1.2倍の輸送運転を実施しているらしい。

■ホテル安比グランドタワーU
 その名のとおり。
 場所は現在のスキースクール棟である(取り壊して建設)。ホテル安比グランドからはスキーセンター経由で
 接続されており(距離は長いが)ゴンドラ乗り場も近い!
 
■安比プラザU
 その名のとおり。
 これは、現在の安比プラザの駐車場側(クローズされている廊下部分)が通路として建設。
 かなり現実味のある計画であった。
 そもそも安比プラザは、ホテルコンベンションホールとしての位置付けもあり、天井も高く建設した。
 ※冷房がついたのが5年ほど前なので以前は夏の利用は不可能でしたが)

■低層階エリア
 現在の安比温泉パティオやアネックスのあたりを「低層階商業施設エリア」と位置づけ。
 一等地に近い場所、よって開発が遅れてしまった経緯があるのだが。
 具体例としては、3階建程度の1Fをレストランやショップなど。
 2F・3Fはペンション風の宿泊施設や長期滞在のコンドミニアム施設。
 ※イメージはヨーロッパ風の石畳で車進入禁止で窓には花が溢れていて、カラーシェードなんかおしゃれ。

■ハイウェイオアシス構想(かなりやばい公開かも)
 これは、すごい構想。
 安比は道路が渋滞するからいやだ!との声も多数あり。
 ならば、高速道路から降りないでサービスエリア(新設)にリフトをかけてまずはザイラースキーセンター
 まで移動してもらってそしてスキーしてもらえば。

 計画では、夏はサービスエリアに温泉施設(クア施設)をつくって安比が運営すれば夏・冬と収入が上がるし。
 と概略はこんな感じでした。
 残念ながら、ザイラースキーセンターと高速道路は結構近いのですが、サービスエリアをつくるにはトンネルに
 近すぎるということから話が進行しなかったようです。
 同じ理由で料金所も作ることができませんでした。
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke