安比高原を応援する 安比だす!appidas! 本文へジャンプ

第31話 ゴンドラリフト乗車規制


乗車規制は、風が強いときに行われますね。

この時は、キャビン内(椅子の下)にウェイトが載っています。
安比ゴンドラは青色で1個30キロ ザイラーゴンドラは黄色で1個20キロ。
金属のかたまり、めちゃ重たいです。

ウェイトが60キロ相当でおとな1人分として、120キロ載せた場合は
2人分の乗車規制をします(つまり8人→6人)。

ここからが重要!!

ゴンドラの下り線は通常空車ですが、ウェイトで2人分が
乗車していることになります。
約100個のキャビンのうち50個に2人が乗っている状態。

これが風対策です。
くだり線での搬器(はんき)の風の揺れをいかにおさえるか!重要なポイント。
おさえないと、振り子のようにドンドンぶれてしまいには柱にぶつかってしまいます。
一応柱にもガードはついているのでですが。

さらに!!
安比ゴンドラ乗車が6人規制時で「なんか速度がおそいな〜」と感じたら要注意!
通常速度は毎秒5メートルはず、ですが、3メートルに減速すると本当に遅い。

この状態は、「ゴンドラ強風のため一時停止します」の半歩手前です。
よく観察してください、ゴンドラの監視室にパトロールの姿は見えませんか?

山頂付近のリフトが停止すると、パトロールがコース規制をおこなったり、
夕方近くであれば最終パトロールを始めます。

スキー場的には、ゴンドラ停止予告は”いの一番”でパトロールへの連絡となります。
ちなみに、安比のリフト建設は北西の風を意識して行っていますが、特に春先の
(ペアリフトでは右ほほに風が吹き付けてきますね、痛いです)
南西の風は弱いですね〜。ちょうど山麓から山頂へ吹き上げる感じでリフトが左右と前後に
振られます、とっても危ない状態となります。
 Copyrights 2006 AppiDas Allrights reserved by Oobuke