「そうだろうか。」子熊はとぼけたように答えました。小十
郎はなぜかもう胸がいっぱいになってもう一ぺん向うの谷の
白い雪のような花と余念なく月光をあびて立っている母子の
熊をちらっと見てそれから音をたてないようにこっそりこっ
そり戻りはじめた。風があっちへ行くな行くなと思いながら
そろそろと小十郎は後退りした。くろもじの木の匂が月のあ
かりといっしょにすうっとさした。

  宮沢賢治「なめとこ山の熊」より
安比高原の「クロモジ」
作品ID1939

ぴしゃというように鉄砲の音が小十郎に聞えた。ところが熊は少しも倒れないであらしのように黒くゆらいでやって来たようだった。犬がその足もとにみ付いた。と思うと小十郎はがあんと頭が鳴ってまわりがいちめんまっ青になった。それから遠くでこう言うことばを聞いた。
「おお小十郎おまえを殺すつもりはなかった」
 もうおれは死んだと小十郎は思った。そしてちらちらちらちら青い星のような光がそこらいちめんに見えた。
「これが死んだしるしだ。死ぬとき見る火だ。熊ども、ゆるせよ」と小十郎は思った。それからあとの小十郎の心持はもう私にはわからない。
 とにかくそれから三日目の晩だった。まるで氷の玉のような月がそらにかかっていた。雪は青白く明るく水は燐光りんこうをあげた。すばるやしんの星が緑やだいだいにちらちらして呼吸をするように見えた。
 その栗の木と白い雪の峯々にかこまれた山の上の平らに黒い大きなものがたくさんになって集って各々黒い影を置き回々フイフイ教徒の祈るときのようにじっと雪にひれふしたままいつまでもいつまでも動かなかった。そしてその雪と月のあかりで見るといちばん高いとこに小十郎の死骸しがいが半分座ったようになって置かれていた。
 思いなしかその死んで凍えてしまった小十郎の顔はまるで生きてるときのようにえして何か笑っているようにさえ見えたのだ。ほんとうにそれらの大きな黒いものは参の星が天のまん中に来てももっと西へ傾いてもじっと化石したようにうごかなかった。


引用:青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/

▲サイトトップページ  IHATOVE&APPI 2007 リンクフリー