「あなた様は私共の恩人でございます。どうかくれぐれもお
からだを大事になされて下されませ。」そして馬は丁寧にお
じぎをして向こうへ歩いて行きました。
 ホモイは何だか嬉しいようなおかしいような気がしてぼん
やり考えながら、にわとこの木の陰に行きました。するとそ
こに若い二疋の栗鼠が、仲よく白いお餅を食べて居りました
がホモイの来たのを見ると、びっくりして立ちあがって急い
できもののえりを直し、目を白黒させて餅をのみ込もうとし
たりしました。

                宮沢賢治「貝の火」より
安比高原の「ニワトコ」
作品ID1942

鳥はみんな興(きょう)をさまして、一人去(さ)り二人去(さ)り今はふくろうだけになりました。ふくろうはじろじろ室(へや)の中を見まわしながら、
 「たった六日(むいか)だったな。ホッホ
  たった六日だったな。ホッホ」
 とあざ笑(わら)って、肩(かた)をゆすぶって大股(おおまた)に出て行きました。
 それにホモイの目は、もうさっきの玉のように白く濁(にご)ってしまって、まったく物が見えなくなったのです。
 はじめからおしまいまでお母さんは泣(な)いてばかりおりました。お父さんが腕(うで)を組んでじっと考えていましたが、やがてホモイのせなかを静(しず)かにたたいて言(い)いました。
 「泣(な)くな。こんなことはどこにもあるのだ。それをよくわかったお前は、いちばんさいわいなのだ。目はきっとまたよくなる。お父さんがよくしてやるから。な。泣(な)くな」
 窓(まど)の外では霧(きり)が晴(は)れて鈴蘭(すずらん)の葉(は)がきらきら光り、つりがねそうは、
 「カン、カン、カンカエコ、カンコカンコカン」と朝の鐘(かね)を高く鳴(な)らしました。


引用:青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/

▲サイトトップページ  IHATOVE&APPI 2007 リンクフリー