なにもかもみんなたよりなく
なにもかもみんなあてにならない
これらげんしょうのせかいのなかで
そのたよりない性質が
こんなきれいな露になったり
いじけたちいさなまゆみの木を
紅からやさしい月光いろまで
豪奢な織物に染めたりする

         宮沢賢治「過去情炎」より
安比高原の「コマユミ」
作品ID***


引用:青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/

▲サイトトップページ  IHATOVE&APPI 2007 リンクフリー